〈 富久長 辛口純米 〉

広島県、広島市、安芸津町。
富久長を醸す今田酒造本店は、瀬戸内海・三津湾を臨む港町にあります。
ここは、吟醸酒の父・三浦仙三郎が生まれた土地でもあります。
富久長というお酒の名前は、彼が名付けたもの。
また、今田酒造総本店が掲げるスローガン「百試千改」も彼の言葉です。

杜氏の今田美穂さんは、女性杜氏のさきがけ。
映画「日本酒に恋して」にも出演されていました。
栽培の途絶えた広島の酒米・八反草を復活させるなど、
飲みやすい軟水仕込みの吟醸酒の中でも、
オンリーワンの軸のある日本酒を醸す方です。

辛口純米、香りは控えめ。
お米の香りは、白いごはんというよりは、
玄米のような、穀物を連想させる香り。
口に含むと、リンゴのようなわずかな吟醸香。
そして、富久長の個性である、青味のある香り。
かすかに薫る笹のような、野菜に例えるならレタスでしょうか、
青や緑を連想させる香り。
この香りが、全体の芯となってバランスを整えています。

味わいはとてもさっぱりとした印象。
おだやかな旨味が優しく舌の上に広がり、
次に感じられる苦みが洗い流すように旨味を連れていきます。
この苦みが、とても心地の良い苦み。
お料理をひきたててくれる、ひとさじのスパイスのような存在になっています。

伝統的な和食、素材の味を生かしたお料理と合わせたい食中酒です。

https://www.osaketo-washoku.jp/topics/2023/09/07/677/

====和食日和おさけとの〈 おさけの会 〉====
酒蔵さんをお招きして、
おさけと自慢の会席を楽しみながら
さまざまなお酒を飲んで、
お酒のエピソードをたっぷり聞く会を、定期的に開催しています。

11月18日、大門浜松町店にて開催!
新潟県魚沼市、豪雪地で「鶴齢」「雪男」などのお酒を醸す”青木酒造”

会費:12,000円(日本酒8種・全7品の会席料理・お土産付)

店舗情報

【公式】和食日和おさけと神楽坂

【公式】和食日和おさけと神楽坂

住所
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6丁目8
1F、2F
アクセス
都営大江戸線 牛込神楽坂駅 A3出口 徒歩3分
地下鉄東西線 神楽坂駅 1a出口 徒歩4分
JR・東京メトロ各線 飯田橋駅 徒歩6分
電話番号
050-5448-3338
営業時間
■ディナー
[月~木]17:00~22:30(最終入店 21:30)
[金曜日]17:00~23:00(最終入店 22:00)
[土曜日]17:00~22:00(最終入店 21:00)

■ランチ
[月~土]11:30~14:30(最終入店13:30)
※月曜~金曜は事前のご予約のみご対応しております。
定休日
日曜・祝日
決済方法
現金: 可 
クレジットカード ; VISA  マスター  アメックス  DINERS  JCB 
電子マネー ; Suica  iD  QUICKPay 
QRコード決済 ; PayPay